副市長★月イチトーク@湯沢市 ノブっこの部屋 〜 みんなしてしゃべらね場 〜 

ようこそ月イチトークへ 秋田県湯沢市には頑張っている人が大勢いる!
そんな方々をゲストに招き、副市長とガッツリ、ホンネでトークしていく月イチトーク!
あなたが知らなかった湯沢市が見えてくる、
官民一体のちょっと楽しいプロジェクトです。
湯沢市役所市民ロビーで皆様をお待ちしています!

第2回 湯沢の結婚・出産・子育て 〜 湯沢のK・S・K 〜

某ウィッシュなロック歌手の「KSK」というプロポーズに、某美人女優が
快諾したというニュースは有名ですが、湯沢のKSKは「結婚・出産・子育て」!
湯沢ロイヤルホテルから、京野楽弥子(さやこ)さん、
京野健幸(たけゆき)さんのおふたりをお迎えして、結婚や子育てという
ハッピーな話題に盛り上がりました♪



まずは、結婚のお話から。
京野さんご夫妻は、湯沢ロイヤルホテルでブライダルプランナーとしてご活躍中。
それぞれの印象に残った挙式や、最近の結婚式や披露宴のトレンドなどを
教えていただく中で、昔に比べると、型にとらわれずに新郎新婦のこだわりを
詰めこんだ挙式が増えてきたというお話が。
愛宕神社での挙式や由利高原鉄道の電車を貸し切った挙式など、バラエティ
豊かなウェディングプランを提供している湯沢ロイヤルホテルさんですが、
「お客様の自由な発想を取り入れた挙式をプロデュースしていきたい」と
楽弥子さん。

そして、ここで湯沢の新しいウェディング『市役所deウェディング』をPR。
なんと、市役所を会場に結婚式をしましょう!という試み♪
このプランは、この夏にスタート。ぜひ、地域全体でこれから結婚する
おふたりをお祝いしましょう♪

楽弥子さんは第二子妊娠中!出産までひと月を切ったタイミングでのご出演!
2歳になる男の子のママでもあります♪


はじめに打ち明けてもらったのは、
「子どもを育てるにはほんとうにお金がかかる。そこがネックになって出産を
諦めた人もいる。経済的な支援を手厚くしてもらえると助かる」という
子育てをする立場のリアルな気持ち。

藤井副市長は市の経済的支援の取り組みを紹介しつつ、
「経済的な支援は、他の市町村との競争を起こしやすい。湯沢ではその競争に
のらない子育て支援も充実させたい」と、新しい取り組み『子育てシェア』を
PR!
(子育てシェアの詳細は、市ホームページをご覧ください。みなさん、ご協力よろしくお願いします!)

京野さんの息子さんは、湯沢の自然の中で生命力を感じてたくましく育っている
そうで、田舎で子育てする魅力を首都圏の人にも知ってもらえるといいですね、
ということで前半終了。




後半は、会場のお客様からの質問に答えるコーナー。

「子育てを経験して気持ちの変化は?」

楽弥子さん 「子どもも一人の人間。尊重する気持ちが芽生えた」
健幸さん 「一人一人に物語があるのだと思う。仕事で披露宴に立ち会うとき、感情移入するようになった」


「共働きで子育てするのは大変?」

楽弥子さん 「経営側としては、つわり休暇など出産・育児への支援をもっとしていかなくては。土日も仕事があるので、同居している親に子どもを預けている。核家族だと大変だろうなと思う」
健幸さん 「仕事を早く終わらせて子どもが寝る前に帰りたいので、いかに効率的に仕事するか意識している」


副市長の結婚観に楽弥子さんから優しいアドバイスがあったり、
教育まで話題を広げて熱く語ったり、、、いろいろな話に花が咲いた
1時間でした♪

最後に「湯沢に住んでいてよかったなーというまち、居心地のよいところに
していきたい」と話してくれた京野さんご夫妻。

ご出演いただきありがとうございました!


 

<  このページのトップへ | 最初のページに戻る  >

お問い合わせ先

担当
湯沢市ひびく・つながる創造課
戦略広報班
所在地
〒012-8501
秋田県湯沢市佐竹町1-1
連絡先
TEL: 0183-73-2111(代表)

副市長月イチトークは下記地元
企業が全面協力しています。


(インターネット配信)
株式会社ロイヤルパソコンシステム

(司会・宣伝等)
株式会社エフエムゆーとぴあ

(インターネット配信・Web更新)
地域のインターネットプロバイダ
NPOゆーとぴあネット